大学院生募集:実験風景

最近、全国的には若い医師の大学院離れが進んでいるともいわれていますが、京都大学呼吸器内科には毎年多くの先生方が大学院に進学して来られています。

当科では、疾患毎の研究として、喘息、COPD、肺癌、びまん性肺疾患、呼吸器感染症など、また疾患横断的な研究として、形態学・呼吸生理学、iPS細胞研究などと呼吸器病学を網羅する様々な分野で国際的な業績をあげています。また、陳和夫教授の呼吸管理睡眠制御学講座とも連携し、大学院生として呼吸管理や睡眠障害の研究にも取り組んでいただいております(同講座は呼吸器内科として大学院を募集)。このように、当教室では、各分野のエキスパートが揃い、他にはないオリジナリティのある、様々な先駆的な研究をしていますので、是非大学院生として研究されることをお勧めします。

大学院生募集

研修医を終え、専門医をめざして、あるいは専門医として日常診療していくと、果たしてガイドラインどおりの診療でよいのか、もっとよい診断や治療法が確立できないのかなどと様々な疑問や課題が湧いてくるかと思います。大学院生として、疾患の病態解明に取り組んだり、新しい医療を開発したり、臨床データを収集・解析して発表したりといった研究経験は、将来、臨床を目指す先生方にもとても大切なことです。また、大学院での研究生活は、後進を育成する際にも、大きな力となります。日本呼吸器学会も、専門医制度と学位制度の両立が日本の呼吸器診療を支えるのに必要であるとの認識にたっておりますが、当科は、すでにこれらの両立を成し遂げる育成システムを構築しています。

“よしやってみよう!”という熱意のある若い先生方、ぜひ京都大学呼吸器内科学の大学院へお越し下さい!

京都大学大学院医学研究科呼吸器内科学教室

大学院生募集:実験風景

【お問い合わせ先】
京都大学大学院医学研究科呼吸器内科学 事務局
〒606-8507 京都市左京区聖護院川原町54
TEL: 075-751-3830
FAX: 075-751-4643
お問い合わせ: お問い合わせフォーム